HOME




(株)日本バイオディーゼル機器

バイオディーゼル燃料精製装置

BDFはエンジンの食べ物! 品質が重要です。

■バイオディーゼル
 燃料精製方法


■バイオディーゼル
 機器選択方法 


■廃水処理について

■グリセリンについて

品質重視
エンジンのメカを知らなければ問題解決不可能
■担当者資格■
ディーゼルエンジン
2級国家整備士
ガソリン エンジン
2級国家整備士
バイオディーゼル
実車試験走行
フラッシュによる屈折で品質の差がわかる
V−HOPEは女性でも操作ができます

 ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE
V−HOPE100型
8〜72時間・精製
コモンレールエンジン
対応の燃料精製可能








人の命が救えるAEDを設置推進運動中
日本バイオディーゼル
機器はAED設置推進
運動に参加しています
 ■ディーゼルエンジン整備士がディーゼルエンジンに適した燃料か否かを点検しながら燃料精製の研究開発から現場指導を行っています。
                             BDFのプロセスサンプル
 ■料理は料理人が味加減しながら人間の食べ物を作ります。
 ■バイオディーゼルは廃食油の状態を見ながら車の食べ物を作ります・・・・・・・・・・・バイオディーゼル精製機は料理で言えば中華ナベと同じカテゴリー
 ■機械装置が高級でも精製技術が無ければ、おいしい車の燃料は作れません・・・・日本バイオディーゼル機器は技術とセットで販売します

    鹸化反応した廃水液は歩留まりに影響する 専門技術者が研究開発しています 高品質なBDF
     石鹸の生成は歩留まりが悪くなる                                   見た目には分かりませんが、フラッシュの屈折率で品質が見える

 ■(株)日本バイオディーゼル機器は、多種多様な問題を現場に出張して解決策をご提案致します。
  1.廃食油に動物性油脂が混入している、不純物が多い
  2.コモンレールエンジンに対応する燃料を作りたい
  3.ポスト新長期に対応する燃料を作りたい
  4.廃水の問題で温水洗浄からドライシステムに変更したい
  5.石鹸が多量に出来るので歩留まりが悪い
  6.ランニングコストダウンとしてメタノールを回収したい
  7.エンジンの出力が悪い、白煙がマフラーから出ている
  8.エンジンが壊れたことがあるので燃料品質に自信がない
  9.寒冷地対策をどのようにしたら良いのか、分からない
 10.酸化防止剤はどのようなときに使用するのか
 11.洗浄の時、乳化するときが多いのでどうしたらよいか
 12.精製量を増量したいのだが、どのようなシステムが一番良いか分からない
 13.半自動方式を全自動化にしたい
 14.燃料ホースが異常に早く膨潤して困る、パッキンからオイルが滲んでくる
 15.バイオディーゼル燃料自体が濁っている
 16.祖グリセリン、廃水液の処分に困っている
 17.イオン樹脂によるドライシステムでランニングコストが掛かりすぎる
 18.メタノールが1斗缶で2,600円以上する、消耗品が高い
 19.廃油の酸化値を簡単に調べる方法を知りたい
 20.専門的な技術指導を受けたい・・・・・・・・・・・・・・・・・等々 ディーゼルエンジン国家整備士が直接現場で指導します
 ■指導費用については、見積り致しますのでお問い合わせ下さい。

                     品質不良はエンジントラブルの元                 高品質のバイオディーゼル精製技術が必要

                         燃料品質不良による実際のエンジントラブル写真(ピストンが焼け落ちている)

                      導入後早いところは、半年ぐらいでエンジントラブルが発生しており、長いところで3年〜5年後に

                      エンジントラブルが発生しております。

                      石油は原油から適切な蒸留プロセスにおいて精製される燃料です、その成分と同じにはなりませんが

                      内燃機関による燃焼物としてほぼ同じような燃焼ができることでバイオディーゼル燃料として利用して

                      います、従って精製された成分内容、内燃機関による燃焼関係、燃焼させるための機械装置などを

                      知らないで機械の販売をすることは、整備工場を持たない会社が車の販売をしているようなものです

                      千葉県下で導入後半年後にトラブル発生したので事業中止、4年間バイオディーゼル燃料販売したが

                      エンジントラブルが発生、事業中止した事例が有ります(当社にて聞き取り調査済み)

                      車のプロとバイオディーゼル精製・分析専門会社が一体となり地球温暖化防止になるバイオディーゼル事業

                      のサポートを致しますので何時でもお気軽にご相談下さい。・・・・・・・V−HOPEマシンも宜しくお願いします

     ■ :下橋英明
      トヨタ自動車大学校卒後・東京トヨタ自動車入社・トヨタ自動車一級整備士取得・内燃機関/燃焼学研究・ディーゼルエンジン国家二級整備士
      ガソリンエンジン国家二級整備士・GE空調技師資格・高度管理医療機器資格・バイオディーゼル燃料精製研究・バイオディーゼル自走行試験継続

  ■バイオディーゼルは車の燃料、ディーゼルエンジンのメカニズムを知らないで製造機械を導入すると、エンジントラブルが発生したとき正確な対応が出来ません
  (株)日本バイオディーゼル機器はディーゼルエンジン国家整備士が適切に専門的に対応します。 他社様の機械装置で精製された燃料トラブルの解決を数多く
  対応した実績がありますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
お気軽にお電話下さいBDF専門的が親切に対応します

資料請求メール
HOME