HOME




(株)日本バイオディーゼル機器

バイオディーゼル燃料精製装置

BDFはエンジンの食べ物! 品質が重要です。

■バイオディーゼル
 燃料精製方法


■バイオディーゼル
 機器選択方法 


■廃水処理について

■グリセリンについて

品質重視
エンジンのメカを知らなければ問題解決不可能
■担当者資格■
ディーゼルエンジン
2級国家整備士
ガソリン エンジン
2級国家整備士
バイオディーゼル
実車試験走行
フラッシュによる屈折で品質の差がわかる
V-HOPEは女性でも操作ができます

 ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE
V-HOPE100型
MAX・800L/日量
8~72時間・精製
コモンレールエンジン
対応の燃料精製可能








人の命が救えるAEDを設置推進運動中
日本バイオディーゼル
機器はAED設置推進
運動に参加しています
BDFのプロセスサンプル
モノグリセライド・ジグリセライド・トリグリセライドの残留が限りなく少ない数値が交換率の判定数値です
その他、流動点などは油脂の種類によって違っていますので下記の数値が一番重要です

BDFの品質はエンジン性能などに影響します

■バイオディーゼルは品質管理が重要、短時間で精製することも可能ですがBDF先進国が時間を掛けているのは確かな理由があります。

お気軽にお電話下さいBDF専門的が親切に対応します

資料請求メール
HOME