BDF



(株)日本バイオディーゼル機器

バイオディーゼル燃料精製装置

BDFはエンジンの食べ物! 品質が重要です。

■バイオディーゼル
 燃料精製方法


■バイオディーゼル
 機器選択方法 


■廃水処理について

■グリセリンについて

新規事業製品案内

品質重視
エンジンのメカを知らなければ問題解決不可能
■担当者資格■
ディーゼルエンジン
2級国家整備士
ガソリン エンジン
2級国家整備士
バイオディーゼル
実車試験走行
フラッシュによる屈折で品質の差がわかる
V−HOPEは女性でも操作ができます

 ドライ+水洗方式 両方精製できるV-HOPE
V−HOPE100型
8〜72時間・精製
コモンレールエンジン
対応の燃料精製可能



カタログダウンロード




人の命が救えるAEDを設置推進運動中
日本バイオディーゼル
機器はAED設置推進
運動に参加しています
 ■バイオディーゼル燃料は、ディーゼルエンジンの燃料です。最近のディーゼルエンジンは精密で高性能なエンジン!燃料の作る精製技術が必要不可欠である。
 ■ハイブリッド・電気自動車だけがエコではありません、バイオディーゼルは化石燃料節約、廃食油の再生利用することでCO2削減(カーボンニュートラル効果)します。
 ■廃食油再利用はバイオエタノールみたいに食糧難や森林伐採など環境破壊問題にはなりません、地球温暖化防止、CO2削減、下水処理負担軽減などに社会貢献。

再生可能エネルギー(植物油)で売電事業を設計施工を実施しました。
(出力2000kw ディーゼルエンジン発電設備・・・デンヨー発電機) 

 パーム油による発電設備  高圧による第1号店

「日本初
 9月頃から改修工事着手、再申請後売電開始準備中 

現在売電中です・9月より排気ガス、振動、騒音全てデーター収集開始  by 2017/08/19時点
再生可能エネルギー(パーム油)によるディーゼル発電機プラント完成

※パーム油による発電事業される方! パーム油豆知識PDFです


京都府福知山にてパーム発電所売電開始−−−元細川総理に説明中
  
発電機試運転開始                                          80,000gタンク完了

受電完了−系統連係OK−売電日を決めるのみ
ご注意:当社の名前やプラント写真で事実以外のセールストークをしている人がいます

マレーシアよりパーム油到着 給油完了

使用するパーム油で全負荷実験を行いました(実際に送電している様態のテストです)

      
      
非食用パーム油調達について会議開催
FELDA本社にて/平成29年3月13日

主たる出席者:FELD 会長・CEO
         
左から8番目 (株)日本バイオディーゼル機器 取締役 下橋英明

日本、世界中でバイオディーゼル事業は失敗しており、B100(バイオディーゼル燃料100%使用)で動いているのは当社精製技術を取り入れている事業所様だけです。

何時でも、バイオディーゼル燃料精製プラント工場見学は可能です、海外からも視察団が来日しています。

この技術を生かして、パーム油発電所の開発、施工を実施しています。  ※パーム油の成分についても当社指定のパーム油だけを使用して頂きます。

バイオディーゼル

大型のプラント設計・改修・技術指導も行います わずか10リットルのBDF装置の製造します
バイオディーゼル
精製には廃油の分析から適切な化学反応式を算出してからスタート
         バイオディーゼル
   当社の精製技術でエンジントラブルを起こした企業もありますが、原因は燃料ではなく車両管理、運行方法、整備方法によるトラブルでバイオディーゼル
   燃料には何の問題無く全てが解決しており、全国各地の方から信頼を得る事が出来ており、増産体制にプラント設置させて頂いております。
   現在は、中国の大気汚染PM問題のプロジェクトに参加して、バイオディーゼル本物の精製プラント、本物の技術支援活動を行っています。
   バイオディーゼルは精製機械構成も大切ですが、精製技術や車両管理まで全てプロフェッショナルでなければ、運輸産業、工業用車両、農耕用機械などに
   満足できる燃料は絶対できません。・・・・・・・誰でも簡単にはバイオディーゼル燃料は絶対作れません! 石油同等?素人では無理でしょう!
   パリ・ダカール・ラリーのランドクルーザー200の参戦車にも当社精製技術のバイオディーゼル燃料が使用され完走しました
   ディーゼルエンジンメカニックからプラント設計技師のいる日本バイオディーゼル機器にお気軽にご相談下さい
バイオディーゼル専門技師によるコンサルタント  日量計画・回収方法・精製方法・工場CAD設計・プラントCAD設計・電気・給湯・排水処理・車両管理
 補助金・講演・技術指導・バイオディーゼル事業の初期計画から実務まで専門家によるアドバイス。
総合BDF技術指導は日本ではナンバー1です
 ※真夏の工事期間中に保管した廃食油が腐食、臭気(酸化値測定外)のある廃食油でも完全にバイオディーゼル燃料ができました。
再生可能エネルギー  バイオディーゼルプラント 再生可能エネルギー
バイオディーゼルプラント設計から施工まで自社完全管理--(施工場所:千葉県成田空港付近)・見学可能
※(写真)連続3タンク方式で高品質な燃料ができます、エコシステム、温水洗浄方式    日量1000g
ドライより安価で高品質な燃料精製方法COD
アルカリ廃液処理が大変であるような考えは時代遅れ、COD20〜40・BOD200〜400程度は安価に処理できます
バイオディーゼル
                   バイオディーゼルと地球温暖化について講演                       
                 企業・自治体などに地球温暖化防止講演活動                USED保管用トンタンク \9,800(税・送料別)
                   バイオディーゼルによるイベント開催                     BDFディーゼル発電機から電源供給         
                    埼玉県草加市青年会議所開催のイベントに使用された電源は全てバイオディーゼル発電機から供給しました。 
  ※自然再生エネルギー問題で海外にもバイオディール技術指導やプラント設計依頼に日本バイオディーゼル技師、デーゼルエンジン整備士が指導しております

                                  ◎蒸留装置の豆知識・・検査データー有り
バイオディーゼルの正しい使い方
◎10%残留炭素(0.3%)をオーバーする物質は何であるか!どうしたら除去できるかを知ることで、問題無く基準値をクリアーできます。 逆に蒸留すると自然界の酸化物質
  まで破壊しますので燃料の酸化が早まりエンジンのトラブルが起きやすくなります、時間と電気消費する為、Co2削減と地球温暖化防止にはなりませんのでご注意!
非常用発電機
プロパン非常用発電機
  ※非常用発電機<LP・LNG・ディーゼル>※
  ○エレベーター内で突然停電・集合住宅の電源確保
  ○災害時の停電 ・ 工業用から一般家庭用まで対応出来ます
  ○ピークカットによる電気料金節約(収益効果に転換可能)
  ○超低騒音型非常用発電機で近隣騒音対策
  ○災害時の中心的社会貢献役割として評価されます

  ※電力不足の解消から非常時の対応まで! お問い合わせ下さい

 ◎非常用発電機・一般家庭から小規模、中規模、大規模などの施設に対応出来る国産品<ガス電くん>を販売開始しましたガス電くんページへ

正しい知識で正しい事業を開始しましょう
全国各地のトラブル解決で確かな技術が判明しました、やっぱりバイオディーゼル先進国の技術は正しい。

バイオディーゼル簡易テスト方法  誰でも出来るバイオディーゼルの品質検査方法・・・・・・・・・・<こちらに確認方法が記載されています>

 エンジントラブルや安心してお客様に燃料提供するために、是非ご自分で検査しましょう!
各地であまりにも多くのエンジントラブル・破損が多いので燃料検査方法・正しい知識をご案内致します。(これから導入には必見)
最小限度の経費でバイオディーゼル事業の感覚を試みたい方・・・・・・USED品でスタートしては如何ですか?
容量100L型−−−−−4台
容量200L型−−−−−0台
北海道、福井、新潟、大阪、九州に在庫有り
※増設時に既存設備買い取り致しますのでご相談下さい
予算については、ご相談の上、検討願います。 担当 090-3147-5027(下橋)
   □温水洗浄法とドライ方式の相違について・・・既存事業者・これから始める方参考にして下さい
   ■そんなに費用かけないでバイオディーゼル事業を開始してみたい方! 先ずはお問い合わせ下さい 説明担当:下橋 090-3147-5027 (24時間対応可)
   ■バイオディーゼルを使用する事でCO2排出クレジットが日本国内でも採用されるようになりました

千葉県神崎町循環バス(コモンレール式23年度新車)にバイオディーゼル100%使用して町内循環バス運行開始
最新型コモンレールにもOK                     自治体様も信頼できる燃料として評価
石橋神崎町長の給油式・テープカットの様子
   ■三重県津市の(株)マエダ組:代表取締役前田光秀様は、自治体の車両、大型重機など最新型コモンレール式エンジン燃料
    
として精製、提供されている。また、各イベントにも積極的に参加し地球温暖化防止、再生エネルギーなどに貢献されています。

   ■壱岐日本ミツバチ産業組合様(長崎県壱岐市)は、長崎県バイオディーゼル燃料製造業者(10社)燃料品質検査があり、クリアーしたのは
     壱岐日本ミツバチ産業組合様だけであった。代表である冨山様(東大卒)から資料を拝見させて頂きました。(V-HOPE100型使用)
DPF装置やコモンレール式エンジンのトラブルについて正確に対応出来る技術をご説明致します、お気軽に当社整備士にお問い合わせ下さい。
コモンレールエンジンにも対応出来る技術+排気ガス処理[DPF}・[SCR]etc
※メーカー問わず、精製技術指導を行っております。
千葉県成田市・若者支援自立熟のBDFプラント ドラム缶でも高品質精製BDFプラントが可能!見学可能です。
BDFのプラント設計施工します48時間バッチ方式自動給湯方式のプラント自動給湯大型から小規模プラント設計施工します
成田空港近辺のホテル送迎バス(最新型車両)に燃料提供(DPF触媒、排気ガス対策車)

 ■初めて超難問トラブルの究明に成功! コモンレールEng・高品質燃料に一歩前進
   日本バイオディーゼルの国家整備士が燃料噴射ポンプ系統のスピルバルブ作動不良によるエンジントラブル、プランジャーの固着による故障などを
   トラブルシューティングに成功しました。これによって燃料精製技術の必要性、車両整備管理等の指導強化することが出来るようになり、より安全な
   バイオディーゼル事業に取り組む事が出来るようになりました

 ■バイオディーゼルの品質管理、使用する車両管理など総合的に実技指導を実施するメーカーを選択されるユーザー様にお応え致します。

回収先にも心遣いのマシンパーツ精密工業様 
使用済み天ぷら油回収しています
宮城県気仙沼市で震災復興と地球環境を前向きに

バイオディーゼル事業に取り組んでおられる

マシンパーツ精密工業の柏木社長様・他スタッフ

日量400L増量体制が完備しました(2014年)
2014年300L型導入されました 
V−HOPE300型

海水を汚さないV-HOPEシリーズ 海の綺麗な長崎県壱岐市

壱岐日本ミツバチ産業組合様

バイオディーゼル事業開始

<V-HOPE100型導入>
使用する立場で燃料を作る <V-HOPE>

   ○「一村一品」大分県代表企業・2009年度全国大会(全国大会2010)で審査委員特別賞(ひまわり劇場賞)を受賞された(V-HOPE100型納品)
   くにさきエコシステム(株)
代表取締役 西田社長様は、10年以上バイオディーゼル事業で地球温暖化防止に積極的に参加されています。    
コモンレールエンジン対応OK・・・V-HOPE100型   1品1村大会で大分県代表として全国大会出場   自動温水注入洗浄方式 V-HOPE100型
バイオディーゼル燃料使用した農耕用エンジンの不具合状況などの技術的検証を実施
BDF試験走行車両の排気ガス測定   バイオディーゼル燃料で快調に運転しています   トラクターの排気ガス測定   燃料フイルターの確認

■自動車から農耕用トラクターまでバイオディーゼル燃料の性能検査を行い、エンジントラブルのない燃料技術の研究しております。

日本バイオディーゼルの女性スタッフです   東京ビッグサイト展示会に出展   自治体様とバイオディーゼル技術説明会   濱農場様の産廃許可申請の住民説明会に出席
                                                                             
■環境展示会などにV−HOPE型バイオディーゼル機器で製造した燃料の展示コーナーや各自治体様との技術交流会など活動しています

バイオディーゼルについての定例会議   航空関係の方も参加しての定例会議   自衛隊(地球温暖化防止とバイオディーゼル講演)   地球温暖化防止とバイオディーゼルの講演

■定期的に有識者によるバイオディーゼル環境問題討論会の開催や各企業、公共機関等の温暖化防止について講演活動しております

廃油回収専用車両を準備しています   V−HOPE100型に遠心分離器を装着   V−HOPE100型にイオン樹脂装置追加   回収車のナンバーにも・810(バイオ)装着

■岐阜県・(株)河合興業様  V−HOPE100型に遠心分離器、ドライ方式、回収専用車両(810=バイオ)オリジナル追加・・・V−HOPEは柔軟な対応可能

日本バイオディーゼルはバイオディーゼルから廃プラの再生石油プラントまで資源循環型をサポートします。
動物性油脂(ラード)除去技術 ■冬場のエンジントラブルの原因になります。

■エステル交換の未反応物質や不純物、ラードなどはエンジントラブルの
  最大の原因です。(普通のフィルター装置では除去は困難です)

■これだけの不純物があれば残炭(10%)もクリアー出来ません
※残炭(0.1%)とは、簡単に説明するとエステル交換が良くできていれば
  全く問題ないです、(残炭と言うより、未反応物質、不純物の残留物質
  がどれくらい残留しているかどうかの数値の事で脱色とは関係ない)
※モノグリ・ジグリ・トリグリセライドが0.0%の小数点1桁が0以下が必須


■(株)日本バイオディーゼル機器は燃料品質重視の事業展開しています
BDFは正確な知識と技術が必要     ■各地からバイオディーゼル燃料トラブルに関する解決策を(株)日本バイオ
     ディーゼルの整備士&エンジニアが真剣に取り組んでいます。

   
    ※左の写真は送られてきたバイオディーゼル燃料のトラブルサンプル。
左側のサンプルが廃食油からできたBDFラード100%でもバイオディーゼル燃料は可能です  右のサンプルがラードからできたBDF


■リサイクルが地球温暖化防止、地下資源節約、環境負荷軽減に繋がる・・・・・・・・・・・・・製品と技術のコンビネーションが非常によいです
環境スペシャリスト 山田殖保氏

「 山田 殖保氏 ]
都市銀行退社後
環境スペシャリスト
として活躍中
  地球温暖化による災害が世界中で頻発しています、温暖化したのも人類、それを止めるのも人類です。このすばらしい地球を後世に残せるよう

  ストップ温暖化に活動しています。その中でも水の惑星とも言われる地球の水は私たち生命の起源です、各家庭から僅かスプーン1杯の油を

  流すと、魚が住めるような環境に戻すには約3000L(風呂桶10杯)のきれいな水が必要になるのです。一人一人の温暖化防止、エコ活動が

  なければストップ温暖化はできません。



  ○環境教育、環境学習インストラクター○省エネルギー普及指導員○環境管理士○環境社会検定資格(eco検定)○危険物取扱資格etc

■これからバイオディーゼル事業を始める方、現在事業している方に!
 今後は電気自動車が普及し、原油精製のガソリン、ディーゼル車を追い抜く時代がやってきます、しかし、低速トルクを必要とするディーゼルエンジンは直ぐ電気自動車
 変わることはないでしょう。今、ディーゼルエンジンも見直され開発と新発売するメーカーも出てきております。
 廃食油の再利用するバイオディーゼル燃料はCO2を増加させない、化石燃料の節約効果、酸性雨の元になる物質や黒煙が少ないなど環境に負担を掛けない燃料です
 しかし、本物の燃料の作り方を知らないとエンジントラブルや輸送経済にダメージを与えて悪者扱いになる可能性が有ります。
 当社は、ハードより燃料精製する化学の知識、スキルアップなど、ソフト面がバイオディーゼルには必要であることを言い続けております。
 精製方法もドライ方式、洗浄方式、超臨界方式などがあり、どちらも廃食油の不純物除去、粗BDFの残留薬品除去作業は必要です。
 ドライ方式では除去したイオン樹脂や吸着剤の処理、再生利用するための処理が必要、温水洗浄方式は廃水処理と乾燥処理が必要、どちらを選択するかは非常に
 難しい問題ですが当社の結論は「シンプルで本物の燃料作り」に重点置き、機械の簡素化、丁寧な燃料作りで失敗のない事業が出来るソフトとノウハウを持っています。

■バイオディーゼルは、正確な情報と正しい知識が必要! 意外と知らない機械装置の選び方で思わぬトラブル発生しております
 使用済み廃食油はいろいろな成分が混入して品質がバラバラです、廃食油の状態を見極めながら化学反応させる精製技術が必要です
 ガソリンスタンドでも整備士がエンジントラブルなどの対応しております。
 バイオディーゼルは車の燃料です、当社はディーゼルエンジン整備士が燃料精製から最新エンジンに対応できるように精製技術から車両管理まで指導しております
 短時間で精製できるから!誰でも簡単にできる!・・・・バイオディーゼルの元祖「ジャーニー・トゥ・フォーエバー」ホームページでも反応だけでも8H以上・・・・・・・です。
■(株)日本バイオディーゼル機器では、専門的にバイオディーゼル燃料の実験検証を実施しております
■(株)日本バイオディーゼル機器は、地球温暖化防止に積極的に参加活動致しており、全国で地球温暖化防止について講演も開催中。
■菜の花プロジェクトに参加、農機具エンジンとBDFの技術検証を整備士が実施しております。 (技術資料の提出先は農林水産省)
■バイオディーゼルの日本での歴史は2008年5月から2008年9月(燃料高騰時)の約5ヶ月間がピークで、その後経済不況で各企業成績が落ちています。
■ディーゼルエンジン整備士が保守管理する企業は当社以外有りません、冬はバイオディーゼルの品質不良によるエンジントラブル発生しやすい季節になります。
 (株)日本バイオディーゼル機器は、本物の燃料作りから、車の整備管理指導まで本格的に行っております。
■日本におけるバイオディーゼルについて
 バイオディーゼルの機種選択は世界で一番実績と歴史のある温水洗浄方式がシンプルでトラブルが一番少ないです
 便利で簡単なドライ方式は専門分野の立場から検証すると間違いなくメリットとデメリットがあります
 日本でも京都市や日量3000リットル以上精製している企業様も温水洗浄方式で品質の良いバイオディーゼル
 燃料を精製されておられます。(温水洗浄もメリット・デメリットはありますが、今日までの歴史と経験で解決している)
 バイオディーゼルの信頼と安心を重視される方は、装置ではなく精製方法をよく知る事が失敗のないバイオディーゼル事業になります 
■バイオディーゼルとは
 バイオディーゼルとは、バイオディーゼルフューエルの略で、生物由来油から作られるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、バイオマスエネルギーの一つである。
 現在のところ厳密に化学的な定義はない。原料となる油脂からグリセリンをエステル交換により取り除き粘度を下げる等の化学処理を施し、ディーゼルエンジンに使用
 できるようにしている。
 Bio Diesel Fuelの頭文字をとってBDFと略される
■バイオディーゼルの歴史
 ディーゼルエンジンは、元々は落花生油を燃料とし、圧縮熱で燃料に点火するエンジンとして19世紀末に発明されたものであり、バイオディーゼルを燃料として使用す
 ることを想定していた。
 しかし落花生の生産は天候に左右され供給が不安定であったこと、当時ルーマニアで油田が発見され軽油や重油などの鉱物油が本格的に入手できるようになったこ
 となどからディーゼルエンジンの燃料はバイオディーゼルから化石燃料へシフトしていった。
 近年、地球温暖化対策として再びバイオディーゼル燃料が注目されている。
■バイオディーゼル燃料の作り方
 油脂は粘度が高いなどの特徴を有しており、そのままディーゼル自動車用の燃料として使用した場合、燃料ポンプに析出物が付着してエンジンに不具合が発生するこ
 とが懸念される。
 このため、メチルエステル化などの化学処理を施して原料油脂からグリセリンを取り除くことで、油脂を脂肪酸メチルエステル(Fatty Acid Methyl Ester,頭文字をとっ
 てFAMEと略される。)等の軽油に近い物性に変換したものがディーゼル自動車用燃料として使用されている。
 具体的には、油脂にメタノールと触媒を加えてエステル交換反応を起こし、脂肪酸メチルエステルとグリセリンに分離させる。
 分離した脂肪酸メチルエステルを水洗処理して触媒を取り除き、さらに蒸留処理をすることでメタノールを除去したものが、バイオディーゼル燃料となる。
■天ぷら油(植物油)からバイオディーゼル燃料の作り方
 1:廃食油を濾過し、天ぷらカスや固形不純物を取り除く
 2:廃食油には水分が含まれていることが多いので前処理として水分除去作業する
 3:ナトリウムメトキサイト(メタノールと苛性ソーダの溶液)を用意する
 4:廃食油を加温・撹拌しながらナトリウムメトキサイトを加え、エステル交換させる
 5:数時間沈殿させ、分離沈殿したグリセリンを取り出す
 6:バイオディーゼル燃料を希塩酸などで中和させながら温水洗浄する
 7:環境に優しいバイオディーゼル燃料のできあがり
■バイオディーゼル燃料のデメリット
 排ガス規制に対応するため近年開発が進んでいる、コモンレール方式を採用したディーゼルエンジンと、バイオディーゼル燃料との相性の問題が指摘されている。
 ディーゼル自動車からの排ガス規制が厳しくなる中、コモンレールシステムにより燃料噴射圧の高圧化が必要とされているが、燃料の高圧化は同時に断熱圧縮による
 燃料温度の上昇にもつながる。
 燃料温度の上昇は酸化劣化を引き起こす大きな要因であり、BDFを使用する上ではこのような高圧、高温環境下において燃料品質の劣化が起こらないよう適切な性
 状を確保することが非常に重要となる
■バイオディーゼル燃料と軽油取引税
 バイオディーゼル燃料を軽油等と混和して販売したり、自動車の使用者自らがバイオディーゼル燃料を購入又は製造して軽油等と混合して使用する場合、軽油引取
 税の課税対象となる、バイオディーゼル燃料を100%で使用するには現時点では軽油取引税対象外である。
バイオディーゼル燃料の材料となる植物性の油
 (※注意:全てがバイオディーゼル燃料の材料になるわけではない)
 菜種油(キャノーラ油)、ひまし油(キャスターオイル)、桐油、ナンヨウアブラギリ油(ヤトロファ油) 、烏臼油、糠油、椿油、パーム油亜麻仁油(フラックスシードオイル、
 リンシードオイル)、ショートニング、サラダ油、白絞油、コーン油、大豆油、ごま油(セサミオイル)、サフラワー油(ベニバナ油)、ひまわり油、こめ油、パーム核油、ヤ
 シ油(コプラ油)、綿実油、麻実油(ヘンプオイル)、葡萄油、けし油(ポピーシードオイル)、カラシ油、小麦胚芽油、月見草油、紫蘇油、荏油、榧油、白樺油、茶油、杏
 仁油(アプリコット核油)、アケビ油(アケビ種子油)、山茶花油(茶梅油)、胡桃油、大風子油、巴豆油、肉荳?油、オリーブオイル、ピーナッツオイル、シアバター、木蝋、
 アーモンドオイル、アボカドオイル、ヘーゼルナッツオイル、グレープシードオイル、ローレルオイル(月桂樹実油)、マカダミアナッツオイルパンプキンシードオイル、アル
 ガンオイル、ペカンナッツオイル、ピスタチオオイル、ホホバオイル、カカオバター、ボリジオイル(ルリジサ種子油)ババスオイル、バオバブオイル、マンゴバター、メロン
 シードオイル、サルバター、コクムバター、メドウフォーム油、コーヒー豆油、マルーラナッツオイル、ブロッコリーシードオイル、モモ核油、クランベリーシードオイル、チ
 ェリー核油、ざくろ種油、ククイナッツオイル、ニーム油(マルゴーサ油)、キウイフルーツシードオイル、シーバクソン(ウミクロウメモドキ種子油)、チンク油、密陀油、ロ
 ーズヒップオイル、モンゴンゴオイル、油瀝青油、クレオソート油、キャンデリラワックス、カルナウバワックス、精油(エッセンシャル・オイル)・・・など

              **********カタログがダウンロードできます**************
このホームページの「BDF」の意味はBio Diesel Fuelの頭文字をとってBDFと記載されています。
バイオディーゼルの事なら何でもOK
お問い合わせメール
お気軽にお電話下さいBDF専門的が親切に対応します
営業時間(月−金)9:00−18:00・(土)9:00−12:00 日・祝日は休み
(C) Copyright Japan Bio Corp. 2008 All Rights Reserved.